東京都稲城市 カルトナージュ教室アトリエキーム | クラフト好きな女性の「趣味」&「お仕事」に

atelier Keym 主宰
萩谷 麻衣子
幼少期より”先生”という仕事に興味を持ち、児童福祉科へ入学し保育士に。その後、結婚を機に退職。転居先で復職した際、カルトナージュと出会う。2010年よりカルトナージュ教室atelier Keym(アトリエ キーム)をOPEN。自宅教室だけでなく、ヴォーグ学園東京校では定期講座を担当。その他、契約企業へ出向き育成講師と共に年間3500名以上のお客様向けにカルトナージュ講座を開講。
(営業時間:10時~18時)

選ばれる作家になる

「自分らしさ」を磨こう

 

 


今日は「好きを仕事にしたい方」に向けて書いてみます。

 

 

昨晩はclubhouseのcloseroomをお試しで使ってみて

久しぶりに起業仲間とおしゃべり。

彼女たちとは異業種ですが、知り合ったのは5年くらい前かな?
長いお付き合いになってきました。

その中にはテレビによく出ている人もいるし
本屋さん行けば、書籍が並んでいる人も。
 

普段、全く会えないけど

みんなの頑張っている姿に刺激をもらえる、よい関係です。
すごく苦しい時期も知っているからかな。

どんなにキラキラ見えたって、実際はそんなことはありません。
最初から、活躍していた人もいません。

いいことも大変なことも、同じくらいあるもの。
いやむしろ
大変なことの方が多いのかもしれませんよね!



でもその大変さに勝る
 

・想い
・伝えたいこと
・届けたいこと
・残したいこと

 

があるから、その仕事をするんじゃないのかなぁ。

 

 

一説によれば

法人の10年継続率は35%
個人事業主は10%なんて言われていて

実際に私も
途中で辞めてしまった、という人をたくさん見てきました。

辞めてしまうというのは、マイナスなことばかりではなく
その人がその人らしく生きる別の選択をしたということ。

逆を言えば「なんとなく」で10年続けられるほど、甘くはないように感じます。

 

 

 

 

さて、少し話が変わりますが

去年リリースしたスリムスタンド、販売数が2000キットを超えました。


そうなってくると気になりませんか?
 


 

Instagramなど、ハンドメイドをやっている方って自然と繋がりが生まれたりしますよね。
共通の知り合いも多かったりして。

そんな中で

「私がまたスリムスタンドを作ってもなぁ」

「周りと同じものを作っていても、オリジナル感出ないしなぁ」

と思ってしまう気持ち、わからなくはないです。
 


でもスリムスタンドじゃなくっても

 

圧倒的なオリジナル作品ってそうそう生まれないと思うし
基本的な作品になればなるほど個性は出ません!(断言)
 

それに、ちょっと周りを見渡したら

スリムスタンドを知っている方のほうが少ないはず。

”カルトナージュ”だって、まだまだ知らない方がいるくらいです。



そしたら、あなたは何をするべきか?

 

 



小手先で作品を売ろうとしても、長く続く教室やショップは作れません。
だって、ファンが増えているわけではないから。


いつも熱く話してしまうけど


あなたは世界に1人しかいないし

同じ作品を作っても「あなたから買いたい」っていう人が絶対にいるんです。

そこを大切に丁寧に◎

 

・自分の「好き」が詰まった作品を、丁寧に作り続けていくこと。
・そのための努力をやめないこと。

・自分を知ってもらうことを諦めないこと。

・想いを伝え続けること。

 

やるべきことは、とてもシンプル。
 

そうすれば

あなたらしい世界がそこには広がっているはずです。

 


私も積み重ねで10年、ちゃんとこの仕事を続けられています。

 

自分が誰に何を届けたいか

受け取った人にどうなって欲しいか

 

今は、そのことばかり考えています。

 

 

1人でも多くの方が、好きなことで自分らしくいられますように。

そして微力ながらお役に立てるよう、私も頑張ります!

 

Recommend Column

同業はライバル? 私があなたを応援できる理由 さて、今日は「同業はライバル?」という ちょっと攻めたタイトルで書き始めてみましたが ‥ 続きを読む
どうして”キーム”なの? アトリエ名の裏話 私の周りには、これから教室やショップを開きたいという方もたくさんいるので HPの‥ 続きを読む
まいこの真っ白シリーズ ”アレ”を保管します! さて、なにが入っているでしょう? 正解は・・・ ボンド‥ 続きを読む
Facebookでシェア Tweetでシェア LINEでシェア はてなブックマーク